• ブラックInstagramのアイコン

〒150-0001
東京都渋谷区神宮前2-16-9-601

2-16-9-601, Jingumae, Shibuya-ku, Tokyo,

#150-0001

Tel: +81-(0)3-5843-1077

curioswitch 2019, all rights reserved.

Anniversary Project

By  SAKURA COLOR PRODUCTS CORP.

Product Design, Event, PR

1912年創業の大阪の老舗文具メーカー、サクラクレパス。2012年、創業90周年を記念したイベントのクリエイティブ・ディレクションを担当。記念の700色セット限定商品をデザインすると共に、同商品の発表イベントを演出。プレスキットのデザイン監修も行いました。アート作品のような記念商品を作ろうと、アクリルでクレパスの浮遊感が出る設計に。1つの透明アクリルキューブに25色のクレパスが収められ、合計28個のキューブを組み合わせることで、様々なディスプレイを楽しむことができます。

スタイリッシュなアクリルキューブは前面、上部、背面、側面からもクリアーに見えるように、内部はすべて均一となるようカービング加工されています。近衞が探し出した日本の職人さんは、1キューブに25の穴を手で開けるという高度な技術を持つ人物です。

スクリーンショット 2019-10-23 18.24.47.png

木製ケースはシリアルナンバーも入っていて、蓋は取り外し可能

近衞デザインの木製セット(限定50)は、高級感のあるスエード張り。700色のクレパスは12色相環に準じた配色で、黄色から橙色、橙色から赤色、赤色から紫、紫色から青色、青色から緑色へと連続的な変化を見見ることができます。木製ケースにはクレパス700本のほか、カラーチャートとウエス(汚れを拭く布)、白手袋も添えました。

洗練されたサクラクレパス90周年イベント。プレスキットのデザイン含めて近衞が担当

スタイリッシュな商品を紹介するお披露目イベントでは、会場も洗練されたデザインに仕上げました。抑えた照明、特注のスイーツ、フィンガーフード、シャンパンなど細部にいたるまで演出にこだわり、ドレスコードも徹底。近衞は、2022年の100周年事業のアドバイザーも務めており、サクラクレパスとの周年プロジェクトは現在も進行中です。